開催中の展覧会


Marek Slavík -Parallel Worlds- 六本木画廊

2018年 5月20日 (日) ~ 30日(水)

チェコの若手実力画家の展覧会を開催中です!

Studies
1998-2002 high school of Vaclav Hollar
2002-2008 AVU, Academy of fine arts in Prague – studio of classical painting techniques of prof. Zdenek Beran
2008 –lives and works in Prague and in Malkov u Berouna

Solo exhibitions
2016 Berliner Liste /art fair/ – solo exhibition in the booth, Germany

 

2016 Owlstand – Curved Reality, 80 Haymarket – London, United Kingdom
2015 Eco Salon Rolland – Crossfading worlds, Prague, Czech Republic
2015 Palazzo Panfili – Atelier Home Gallery, Trieste – Italy
2014 The beginning and the end of the world, Alex Art Gallery, Prague, Czech Republic
2013 Gallery Kotelna, Events in foam, Ricany, Czech Republic
2013 IMAGINATION, Gallery UFFO, Trutnov, Czech Republic
2013 Gallery of Michal´s collection, The suspected presence of invisible, Prague, Czech Republic
2011 Solo exhibition in Gallery of Michal´s Collection in Prague, Czech Republic
2010 Atrax Prerov Gallery – solo exhibition, Prerov, Czech Republic
2009 „Warning signal of subconscious“ NEW HALL – Prague, Czech Republic
2009 “Marek Slavik”, XXL gallery in Louny, Czech Republic
2008 „PLASTIC“ – exhibition in dental clinic of Milan Mach – Prague, Czech Republic
2008 Municipal office Podbrdy, Czech Republic
2007 Art gallery in Frankfurt am Main, Germany

Prices
RIN TERADA´S PRICE – JAPAN PRICE (at Berliner Liste 2016), Berlin, Germany
http://www.marekslavik.com/

https://www.facebook.com/marekslavikartist/

Marek Slavík氏からのメッセージ  ~Parallel Worlds ~

Are we really alone in the universe? What if we are not, as I am trying to suggest in my paintings from the series titled “Parallel Worlds“?
What if there are some other forms of life apart from ours existing in other galaxies?

The regularities of parallel universes may differ like our way of seeing the world around us varies from the perception of others. I would like to say that when creating this series of paintings, I strove for harmony, balance and the interconnection of compositions.

My aim was to depict harmony and balance which can be found in our world and in the whole universe. Therefore, you might find myriads of parallels between my paintings and our common life, both materialistic and non-materialistic, spiritual life of transcendental overlaps or even other worlds. Everyone can interpret my art in their own way, which gives me great pleasure. By means of shapes, colours, and abstract compositions in my oil paintings on canvas I am trying to drag the viewer inside the painting thus making him or her a co-creator of the artistic work. Despite the abstract nature of the paintings (so everyone can find something different in them) the majority of viewers usually identify with the very idea I bore in my head when creating the painting. This is a great satisfaction for me and gives me more motivation and options to create new abstract paintings.

Until recently, I used to paint realistic paintings only. What was not captured in the painting could not be passed on to the viewer. Modelling the leitmotif of each composition as well as creation of the whole setting of the painting, its colours, hues and lighting is a long process. All my paintings are preceded by numerous sketches and studies as I need to decide about the basic composition of lights and colours. It often happens that I do not get any further than the sketch and no final painting comes into existence.             
Things and people that surround us can be viewed from various angles and perspectives. “Reality is something that was created only in our head.“ I do not remember when and where I heard this sentence but the quotation grasps the nature of my paintings perfectly.  Although my paintings are of an abstract nature they are painted by the classical technique of layering in order to achieve a maximum depth of colours. Only then can a viewer be drawn into the painting and its actions.

パラレルワールド

私達は宇宙の中で本当に孤独なのだろうか?
そうでないとしたら?

それが「パラレルワールド」と題した私のシリーズ作品の中で提案しようとしていることです。
他の銀河系に私達とかけ離れた形の生活が存在したとしたら?別世界の規則性は、人の知覚が様々であるように、私達の世界の見方とは違っているかもしれない。

 

私がこのシリーズの作品を制作する時は、調和とバランスと構成の相互のつながりのために奮闘しているのだということを言っておきたいと思います。
私の狙いは、私達の世界と全宇宙で見出された調和とバランスを描くことです。ですから、あなたは、私の作品と私達の普通の生活との間に、無数の類似点をみつけるかもしれない。物質主義であれ、非物質主義であれ、他の世界と重なり合う超自然の霊的生活であっても。

 

皆さんは私の作品をご自分の方法で解釈することが出来ます。それは私に大きな喜びをもたらします。
私のキャンバス画の中の形や色や抽象的な構成によって、観る人を作品の中に引き込み、彼、あるいは彼女を芸術的な共同創造者にしたいのです。
作品の抽象的な姿にも関わらず、(皆さんそれぞれ違うものではありますが)いつも観る人達の大多数が、私が作品を制作する時の頭の中の概念そのものを明らかにします。このことは、私にとって大きな満足をもたらすものであり、新しい抽象作品を創作する刺激になるのです。

 

最近まで私は写実的な作品を描いていたものです。絵の中に取り込められなかったものは、観る人に届きませんでした。
その色、色相、光などの絵の全てのセッティングだけでなく、各構成内容の思想をかたちづくることにも、長い時間がかかります。私の絵は、光と色の構成の基本について決めることが必要で、非常に多くのスケッチと研究の末に作品がつくられます。スケッチから進まず、最終的に絵が誕生しないということが、しばしばあります。

 

私達の周りの物事や人々は、様々な角度や観点から見ることが出来ます。
「現実は、私達の頭の中だけで作られるものです。」
いつどこでこの言葉を聞いたのか覚えていませんが、この引用文は、私の絵の本来の姿をしっかりと捕らえています。

 

私の絵は、抽象的な性質のものではありますが、色の最大限の深さに達するために色を重ねて描くという古典的な技術によって描かれています。
そうすることによってのみ、観る人を作品とその作用の中に引き込むことが出来るのです。

Marek Slavík
マレク・スラヴィーク


マレク・スラヴィーク絵画展「パラレルワールド」 チェコセンター東京

 

六本木画廊での展示会に先立ち、チェコセンター東京で展示会が開催されます!

 

会期:2018年5月9日(水)~5月18日(金)
   平日10:00~17:00
会場:チェコセンター東京展示室
     〒150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14 チェコ共和国大使館内
     03-3400-8129
協力:チェコ共和国大使館

展覧会オープニング

 

日時:2018年5月9日(水)19:00~
オープニングには作家本人も参加いたします。

参加にはお申込が必要です。詳細はチェコセンターHPをご覧ください。


今後の展覧会


RACC 作品展

 

RACC会員作品を展示します。 

是非、お気軽にお立ち寄り下さい。